MENU

消費者金融の限度額を増額するコツは

消費者金融にキャッシングを申し込むと、その商品の貸付限度額が300万円だったとしても、初めからその金額が貸付限度枠として付与されることは、よほどの信用がない限りありません。今では総量規制の法律があり、年収の三分の一を超える貸し付けを貸金業者は行ってはならないことになっています。ショッピングローンなどは計算に入れません。そういったことを踏まえたうえで、300万円の貸付限度枠を付与されるためには、他店に借り入れがないことを前提にしても少なくとも年収900万円が必要ですし、それだけの回収リスクを初回の契約で与えるかというと、なかなかそうはいきません。初回は様子を見るような枠を付与し、増額によって徐々に増やしてゆく方法になるでしょう。この増枠は、各金融業者の途上与信によって決定されてゆきます。消費者金融の場合には契約から6か月ごと程度に行われていることが多くみられます。この時に増枠を手に入れるコツは、契約から他社契約を増やさず、返済なども遅れないでしっかりと返済し続けるといったことです。職場などの属性に変化がないといったこともポジティブな要素になります。消費者金融は、一昔前までサラリーマン金融と呼ばれていました。給与所得者をお客さんにしていたのでそういう名で呼ばれていたのですが、今では収入がしっかりある「消費者」であれば個人事業主でも利用できますので、呼び名が変わったのです。増額に積極的な業者とそうでもない業者がありますので、そういった内容は体験談などで自分の状況に近い人を探して参考にするとよいでしょう。