MENU

消費者金融で借りていると住宅ローンの審査に影響?

消費者金融のイメージはそう悪くもないので、ただ利用しているだけで審査に落ちるということはありません。しかし、現在進行形で借りている人は、確実に審査に影響するでしょう。そもそも、住宅ローンを借りようという人は、準備金や頭金を貯めているはずです。3千万円の住宅を購入するなら、その2割の600万円は頭金を用意して、さらに諸費用などがかかります。きちんと準備をしてきている人なら、消費者金融で借りなければならない理由はないはずです。

 

頭金がゼロでローンを組むこともできますが、その場合には、諸費用などで足りない分を消費者金融で借りることはあるかもしれません。しかし、そのようなギリギリの人は、引越し費用なども足りなくなって、借金をさらに増やしてしまうかもしれません。借金の金額が30万円程度であっても、不安に思われてしまうことは避けられないかもしれません。

 

もちろん、正社員として安定した収入があって、余裕がある人ならばマイナスポイントがいくつかあっても融資が受けられる可能性はあります。

 

現在進行形で借りているわけではなく、過去に利用したことがあるだけならば、さほど影響はありません。完済をして5年が経過していれば信用情報に記録も残っていません。延滞をしていた人は大きく影響してしまうので、気をつけておきましょう。

 

住宅の購入を考えている消費者は、その5年くらい前からは金融機関から借り入れをするなら、銀行や信用金庫を選ぶようにしておくと、影響を最小限に抑えられるでしょう。