MENU

消費者金融と銀行カードローンの違いとは?

カードローンは、銀行でも消費者金融でも取り扱いが行われていますが、一体何が違うのでしょうか?消費者金融は、いわゆるノンバンクと呼ばれるものです。細かい差はいろいろとありますが、キャッシングにおける銀行カードローンとの一番の違いは、貸金業法の総量規制の対象かそうでないかです。
総量規制法というのは、収入の3文1までしか貸付してはならないという法律で、消費者金融はこの対象ですが、銀行はそうではありません。そのために、無職の専業主婦でも配偶者に収入があると、融資の利用が可能ということになっています。唯一、専業湯主婦が借入ができる金融業者ともいえるでしょう。
さらに、ローンを利用すると、必ず利息を支払わねばなりませんが、銀行カードローンのほうが金利が低めに設定されているものです。つまり、よりお得に借入できるのが、銀行カードローンというわけです。
「でも、審査がはるかに厳しいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、少額の融資の場合であれば、ノンバンクとさほど審査内容は変わらないものです。必ずしも正社員として雇用されている必要はなく、アルバイトやパートであってもカードローンの審査に通過することは可能です。限度額以内のキャッシングであれば、収入証明を求められることもありません。
簡単にお金を貸してくれるというとサラ金が頭に思い浮かぶかもしれません。しかし、バンクでもローンを組むことはですので、まずは申し込みをしてみるとよいでしょう。