MENU

消費者金融とクレジットカードの借り入れの違い

消費者金融とクレジットカードのキャッシングの違いはいくつかあります。
まず、クレジットの言葉の意味は信用販売で、特に分割払いでの販売を指すことが多いです。つまり、クレジットカードは分割でのショッピング利用が主な用途となります。ショッピングの利用限度額の中に、お金の借り入れができる枠が付けられるようになっていることから、多額の借り入れをするには向いていないことが多いです。返済の仕方は、原則として、利用した月の翌月に一括払いで支払います。一括返済が難しい場合は、電話や会員サイトで手続きをして、リボ払いによる分割払いに変更できる会社もあります。
消費者金融のカードローンで借りる場合には、比較的まとまった額を借りることができます。体験談によると、クレジットカードよりも限度額が大きめなことから、金利も低めとなりますので、多めに借りるなら消費者金融の方がおすすめという書き込みも見られます。また、消費者の利便性を考えて、審査が迅速だったり、即日融資にも応じてもらえることがあったりするので、ありがたいという体験談も見られました。返済の方法は、原則として月々の分割払いによる方法が主なものとなります。
両方とも、直営や提携のATMから、限度額の範囲内なら何度も、カードを利用して直接お金を借りることができます。返済することもでき、特に約定日以外の繰り上げ返済に利用されることが多いです。また、月々の支払いは金融機関の口座を登録して、自動引き落としで返済することも可能です。