MENU

消費者金融と信用情報の関係について

消費者金融を利用すると、その履歴は信用情報として情報機関に記録されます。これは業界全体で共有され、その利用者が新たにクレジットカードやカードローンを申請した時、その申請者を信用して良いのかどうかと言う判断材料として活用されます。そのため、返済が滞るようであれば、信用できない顧客として、審査に通りにくくなってしまうわけです。

 

特に、保証人による返済の代行、任意整理、個人再生、自己破産など、債務整理を行った経歴があると、その件が信用情報に記載され、いわゆるブラックリストとして、業界で共有されます。このような状況になると、申請を行っても、まず受理される可能性はなくなります。ブラックリストは、およそ5年から10年程度で解除されるため、そうなれば、再び申請が通る可能性も出てきますが、それまでに積んできた実績も抹消されるため、やはり申請に通るのは難しくなってしまいます。

 

これだけだと、信用情報は借り入れる側にとって不利なものに見えるかもしれませんが、こまめにキャッシングをして、確実に返済していくことで、逆に優良な顧客としての実績も記録されていくことになります。そうなれば、今度は、それらの情報が業界内で共有され、様々な申請の際の判断材料とされることで、審査に通りやすくなるのです。

 

そのため、消費者金融を有効に活用するのであれば、自分の返済能力を把握し、その範囲内で借り入れを繰り返すことで計画的な返済を行い、ブラックリスト入りするような事態だけは避けるようにした方が良いでしょう。